和歌山プライベートデンタルオフィス
下層タイトル

矯正治療

矯正治療とは

矯正治療は不自然な位置にある歯や顎の骨を整えて、バランスのとれた口元を作り出すことを主たる目的としています。歯並びが良くなると歯磨きをしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。また、食べ物をしっかり噛むことができるので消化を助け、体全体の健康にもつなげます。キレイに並んだ歯で健康と自信にみちた明るい笑顔を得ること、それが矯正治療の大きな役割です。

矯正治療の期間について

矯正治療の一般的な期間はおよそ2年です。(これは装置をつけている期間であり、その後の咬合管理の期間は含まれません。)また、あくまで矯正治療の最終的なゴールは「完璧な噛み合わせ」です。患者様の協力度や口内環境の状態によっては、より長い治療期間が必要になることがあります。

矯正治療の期間について

抜歯と非抜歯について

矯正歯科では患者様の治療方針を考えるにあたり、まずは歯を抜かずにキレイに歯並びを変えられるかどうかを検討することから始めます。抜歯か非抜歯かの判断基準として下記が考えられます。

抜歯と非抜歯について

判断基準

  • 1.顎の骨の大きさと、歯の大きさのバランスはどうか
  • 2.上顎、下顎の大きさの違いはあるのか、またその違いはどの程度か
  • 3.上顎、下顎の前後的な位置関係はどうか
  • 4.治療後、良好な顔相が得られるか
  • 5.顎関節の働きが調和できるか
  • 6.舌の大きさと調和できるか
  • 7.成長発育が盛勢な時期か

矯正治療の種類

不正咬合あるいは歯列不正の治療を行うために健全な歯を抜歯する場合があります。願わくば「健全な歯を抜きたくない」と思うのが患者様、また親御さんの気持ちでしょう。しかしながら抜歯を行わないとキレイに治らないケースもあります。

床矯正

床矯正とは、「床」と呼ばれるプレートを利用して顎を拡大する装置を装着し、歯を正常な位置に動かしていく方法です。装置は自分で取り外すことができ、抜歯をせずに歯列矯正できるのが特徴です。

床矯正

ブラケット矯正

ブラケット矯正は、皆さんが一般的にイメージする矯正治療です。マルチブラケット矯正といわれる装置で、粒状の装置の溝にワイヤーを通して徐々に歯を動かしていきます。歯と同じ色のワイヤーを使用する目立たないブラケットもありますので、見た目が気になる方はご相談ください。

ブラケット矯正

インビザライン(目立たない矯正)

インビザラインはマウスピース矯正のひとつで、世界的に治療が行われていることで症例数も多く、以前では対応できなかった難症例でも治療が可能になってきています。

インビザライン(目立たない矯正)

インビザラインはこのような方におすすめです

  • ・マウスピース矯正で「咬み合わせ」や「歯のねじれ」を治療したい方
  • ・目立たない矯正装置がいい方
  • ・手入れが簡単なほうがいい方
  • ・よくスポーツをする方(特に接触の激しいスポーツ)
  • ・楽器を演奏する方(特にトランペットなどの吹奏楽器)
  • ・差し歯や被せ物がある方
  • ・金属アレルギーのある方

※取り外し式装置のため、治療結果に患者様の協力が必要です。
※症状によりインビザラインだけでは治療できない場合がございます

矯正治療の流れ

  • 初診、相談
    矯正治療の概略を説明し、どのように治療したいかの相談をお受けいたします。
  • 資料採取、診断
    資料採取は、患者様の診断に必要な歯の型やレントゲン写真などを撮ることです。それらの資料をもと、患者様の不正咬合の原因や現在の状態を把握し、今後の治療計画を具体的にお話しいたします。
    資料採取、診断
  • 矯正治療の開始
    歯磨きのトレーニングや虫歯の治療など、矯正治療の前準備を徹底的に行い、矯正装置を装着し歯を動かします(通常は1ヶ月に一回程度の通院)。
    矯正治療の開始
  • 矯正治療の終了
    矯正装置を除去し、完全な歯並びを維持するための装置に切り替え、契約期間まで通院していただきます(3~6ヶ月に1回の通院)。もちろん、患者様のご希望に応じて契約期間後の定期診査もお受けいたします。
    矯正治療の終了