和歌山プライベートデンタルオフィス
噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療について

歯の健康のために歯医者へ行くのは、「虫歯や歯周病の治療だけで十分」と考えている人も少なくありませんが、本当に歯と体の健康のためを考えるのであれば、噛み合わせ」についても考慮することが重要です。
全ての歯の形が違うのは、1本1本に本来与えられた機能があるからであり、それが噛み合わせが悪い(不正咬合)ことによって、本来の機能を果たせていない為に歯が悪くなってしまいます。

噛み合わせ治療

また噛み合わせが悪いことに加えて、食いしばりや歯ぎしりにより過度な力が加わることで、 後述の健康被害をもたらす可能性があり、お口の中だけでなく全身にさまざまな症状が現れる可能性があるのです。
歯の治療において噛み合わせを考慮することは、全身の健康の上でも非常に重要な要素といえます。
歯科医院での歯の治療は、歯の健康を維持するとともに咀しゃくの機能を改善することで、より健康的な生活を送るために不可欠なのです。

噛み合わせが悪いと起こる症状

虫歯

噛み合わせが悪いとプラーク(歯垢)が溜まりやすくなるため、そこから虫歯が進行しやすくなります。さらにそこへ食いしばり、歯ぎしりの力が加わると虫歯の進行が加速します。

虫歯

歯周病

噛む力が真っ直ぐに加わらず、歯が揺さぶられることで歯周病のリスクが高まります。特に年齢とともに体の抵抗力が下がると歯周病を発症しやすくなるので、注意が必要です。さらに食いしばり、歯ぎしりの力が加わると、歯周病がさらに進行します。

被せ物の脱離

被せ物の硬さの違い、食いしばり、歯ぎしりによる歯の磨耗などにより、詰め物や被せ物の脱離や破折を引き起こす可能性があります。

被せ物の脱離

顎関節症

顎関節症の原因となる要素は他にもありますが、噛み合わせの悪さは噛んだ時に不安定な状態となり、
顎の関節に負担が多くかかってしまいます。

頭痛や肩こり

頭痛や肩こりなどの局所的な症状に加えて、自律神経失調症といった全身症状の原因になるリスクもあります。
噛み合わせの悪さは、歯や顎だけでなく、間接的に全身の様々な部位に不調をもたらしてしまうケースもあります。

頭痛

噛み合わせの治療方法

噛み合わせ治療を行う際には、まず適格な診査・診断が必要なため、顎関節のレントゲン撮影やCT撮影、頭蓋と下顎骨の関係を特殊な機器を用いて測定していきます。
治療においては、まずバイトプレート
(マウスピース)を用いて適正な顎の位置を測ります。

噛み合わせの治療

噛み合わせのバランスを改善することで、筋肉をリラックスさせることができ、顎の関節にかかる負担を減らしていきます。 また、元々の骨格的な不調和や、不正咬合に対して人工物(被せ物など)が壊れないような噛み合わせの状態に治療する事が、良好な治療予後獲得のために大変重要となってきます。

和歌山プライベートデンタルクリニックでは、患者様ご自身の上下顎の骨格的な状態や歯のポジション、それの加わる力、口腔内の細菌バランスなど様々な条件を整えることによって、1本でも自身の歯を残し10年単位で安定した状態を維持できるような口腔内環境にするための総合的な治療を行います。一度バランスの取れた良い状態になるまで治療を行い、その後メンテナンスを継続することによって、お口から健やかな生活を送れるようにサポートさせていただきます。

顎関節症について

顎関節症とは、顎の関節を中心にその周囲に何かしらの異常が生じることをいいます。
口が大きく開かない、顎が痛む、口を開けるとカクッと音がするなど様々な症状があり、 自然に治る方もいれば、日常生活に支障をきたすほど重病化するケースもあります。 多くの場合は適切に処置をすれば日常生活を送るのに支障がない程度にまで改善可能ですが、 重い症状の場合、顎の機能が破壊されてしまうおそれがあるため、症状のある方は早めに診断を受けることをおすすめしております。

顎関節症

顎関節症の治療方法

咬合治療

抜けたままの歯があるなど、噛み合わせに問題がある場合は、噛み合わせを改善するための治療を行ないます。

咬合治療

スプリント療法

歯列を覆う装置(スプリント)を装着し、顎の位置を正しくします。これにより関節が内部から安定するため、
顎関節・筋肉への負担が軽減します。

セルフケア

まずは顎関節症の原因となっている悪癖や悪い習慣(歯ぎしり・食いしばり・ストレスなど)を明確にし、 自己管理・改善を図っていただきます。ストレスの原因を認識して習慣を改めることで徐々に症状がやわらぐ場合があります。

セルフケア