和歌山プライベートデンタルオフィス
料金
  • TOP
  • 料金表

料金表

初診
カウンセリング(30分) ¥5,000
初回検査(2時間)
[ パノラマX線写真撮影、フェイスボウ・トランスファー、スタディモデル作成、口腔内・顔貌・口元写真撮影・歯周基本検査 ]
¥50,000
再診 ¥5,000
応急処置(30分)
※当院治療中の応急処置は再診料のみです。
¥10,000
※処置内容によっては、次回に正規治療料金をいただく場合があります。 
※料金はすべて税別となります。
根管治療(冠除去、コア除去、レントゲン、CT撮影含む)
前部根管治療 ¥60,000
小臼歯部根管治療 ¥80,000
大臼歯部根管治療 ¥100,000
※初回に半額をいただき、根管充填時に残金をいただきます。 
※料金はすべて税別となります。
審美歯科
ダイレクトボンディング ¥30,000
インレー
(詰め物)(オールセラミックス)
¥60,000
オンレー
(大きな詰め物)(オールセラミックス)
¥80,000
ラミネートベニア
(オールセラミックス)
¥120,000
前歯クラウン
(かぶせ物)(オールセラミックス又はジルコニア)
¥150,000
臼歯歯クラウン
(かぶせ物)(オールセラミックス又はジルコニア)
¥120,000
※全て手術代、薬代、消毒代含みます。 
※料金はすべて税別となります。
抜歯
普通抜歯 ¥10,000
難抜歯(残根、分割等) ¥15,000
埋伏歯抜歯 ¥30,000
※全て手術代、薬代、消毒代含みます。 
※料金はすべて税別となります。
インプラント
インプラント手術 ¥450,000
CTG(結合組織移植術)、
FGG(遊離歯肉移植術)
¥80,000
人工骨補填
(1箇所)
¥30,000
CGF
(完全自己血由来成長因子フィブリンゲル)補填
¥50,000
ソケットリフト法
(小範囲上顎洞挙上術)(1歯)
¥100,000
ラテラルサイナスリフト法
(大範囲上顎洞挙上術)(片顎)
¥200,000
※全て手術代、薬代、消毒代含みます。 
※料金はすべて税別となります。
入れ歯
金属床義歯(片顎) ¥400,000
BPS 義歯(片顎) ¥500,000
※治療用義歯含みます。 
※料金はすべて税別となります。
クリーニング・ホワイトニングプラン
クリーニングのみ ¥10,000
クリーニング+歯石除去 ¥15,000
クリーニング+歯石・茶渋・ヤニを除去 ¥30,000
ホームホワイトニング(トレー、薬剤代込) ¥30,000
※料金はすべて税別となります。
歯周基本治療セット
(全ての成人患者様に必要です)
歯周検査、TBI,スケーリング
(歯科衛生士が担当します)
¥30,000
中等度歯周病治療セット
歯周検査、TBI,スケーリング、SRP、
歯周再検査、
再SRP(歯科衛生士が担当します)
(治療に数回かかります)
¥100,000
歯周外科処置
(FOP)(1ブロック)
¥40,000
歯周再生治療
エムドゲイン法
(1歯)
¥50,000
骨再生療法
(GBR)(1歯)(骨補填材含む)
¥60,000
※全て手術代、薬代、消毒代含みます。 
※料金はすべて税別となります。
その他の費用
診断用ワックスアップモデル作製(1歯) ¥10,000
全顎診断用ワックスアップモデル作製
(上下全歯)
¥150,000
仮歯
(プロビジョナルレストレーション)
(1歯)
¥10,000
全顎仮歯
(全顎プロビジョナルレストレーション)
(上下全歯)
(多くのケースで2回、3回と必要になる場合があります)
¥300,000
(3回まで)
メインテナンスプログラム
(クリーニング+歯石・茶渋・ヤニを除去)(3ヶ月1回)
(全顎治療終了後)(1年1回のレントゲン撮影、口腔内写真撮影を含む)
¥15,000
(約60分)
※料金はすべて税別となります。

自由診療(保険外診療)とは?

自由診療とは健康保険適用外のすべての医療の総称です。一般的に歯科の自由診療には以下のようなものがあります。

歯科の自由診療例

  • ・金合金製の冠・詰物
  • ・メタルボンド冠(白い焼物の冠)
  • ・金属フレームの入れ歯
  • ・インプラント
  • ・ホワイトニング
  • ・歯列矯正
  • ・予防歯科
  • ・顕微鏡を用いた精密歯科治療 など

保険診療と自由診療の違い

自由診療の最大のメリットは、保険診療よりも高い精度・クオリティの治療を受けられることです。保険診療では、本来1時間かかる治療を20分程度の短時間で処置を行います。そのため、治療の質は落ち、通院回数が増えることで患者様への負担が大きくなります。さらに、保険内では材料や治療法の選択肢も限られ、治療後のトラブルにつながりがちです。

保険診療と自由診療の違い

歯科関係者は自由診療を選ぶ

実際の歯科医師をはじめとする歯科スタッフと、その家族が治療を受ける際には、小さな虫歯治療以外で保険診療を選択することはほぼありません。歯科保健治療の実情を理解した上で、自費治療という最良の治療方法をよく知っているためです。「歯科医師自身が受けたい治療」であり「身内におこなう治療」が自由診療です。

歯科関係者は自由診療を選ぶ

自由診療の目的

現在のところ、歯は一度削られたり、抜かれたりすると、二度と元の健康であった時の歯の状態に戻ることはできません。そのため、その場しのぎとなる処置を繰り返すうちに、次々に自分の大切な歯を失うことにつながります。「自由診療」の最大の目的は、精度の高い技術で最適な修復物を用いて、生涯の治療回数を減少させることにあるのです。

自由診療は高い?

例えば、一般的にインプラントの治療費は高いという印象をお持ちの方が多いかと思います。しかし、インプラントは定期的なメンテナンスさえしていれば、その後大きな治療をする必要はほとんどありません。周りの歯に影響も少なく、長年にわたり自分の歯のように噛むことができます。また、治療費や診査費は医療費控除の対象となり、確定申告の際に半分以上戻ってくる場合もあります。本質的・長期的な目線で考えると、自由診療は決して高くはないといえます。

自由診療は高い?

あなたにとって
最良の歯科治療をご提供

当院は、岡院長自身が「自分ならどんな歯科医院に行きたいか?」ということを、真剣に考えぬいた形です。保険治療の枠に捉われることなく、お一人おひとりの生涯にしっかりと向き合い、完全オーダーメイドの総合歯科診療(全顎治療)をご提供する。そして審美的な見た目の美しさはもちろん、長く健康的に噛むことができ、心から笑顔になってもらいたいと考えています。

医療費控除について

医療費控除とは

前年1月1日から12月31日までに支払った医療費や薬代などが10万円を超える場合に、確定申告を行うことで所得税軽減が期待できる制度です(年収が200万円以下の場合は、所得の5%を超えた場合)。医療費は家族分をまとめて申告することができ、また、申告してない方であれば過去5年間さかのぼって申告することもできます。

医療費控除とは

医療費控除の対象となる歯科治療

  • ・歯科受診の保険治療費
  • ・保険外治療費および交通費

※支払った医療費が控除対象かどうかについての詳細は、最寄りの税務署にご確認ください

医療費控除をするためには、確定申告が必要です

  • 1)税務署へ直接提出または必要書類を郵送
  • 2)電子申告(e-tax)で申請

※詳しくは国税局のホームページをご覧ください。

国税局ホームページ